RINA

PROFILE

RINA

ジャズピアニスト
埼玉県出身
国立音楽大学にてジャズピアノを小曽根真に師事。

2015年バークリー音楽大学のオーディションを受け、学費全額免除を獲得し入学。在学中、ジャズ·パフォーマンス·アワードを受賞。ラルフ·ピーターソン率いるバークリー選抜学生カルテットのピアニストに抜擢され、4日間スイスのベルン·ジャズ·フェスティバルに出演した。その他フランスのナンシー·ジャズフェスティバルにも出演。

2017年ジャズ雑誌"JAZZ JAPAN"の"2010年代に頭角を現した新鋭アーティスト60"に選出。

2018年 エリス·マルサリス国際ジャズ·ピアノ·コンペティション2018にて13カ国/160 以上の参加者の中から7人のファイナリストに選ばれ、エリス·マルサリス、ブランフォード·マルサリス、アルトゥーロ ·オファリル、ジョン·バティステが審査する中、第2位受賞、並びに最優秀作曲賞を受賞した。「RINAのオリジナルは際立っていた」とグラミー·ウィナーのアルトゥーロから、「彼女の発する音のストーリーに我々は聞き入った」とエリス·マルサリスから賞賛を浴びた。
同年、バークリー音楽大学を卒業し活動の拠点をニューヨークに移す。
米CBSの人気テレビ番組「ザ ·レイト ショー· ウィズ· スティーブン ·コルベア」にてジョン· バティステのバンドの一員に抜擢され3日間連続出演。オバマ大統領夫人のミシェル·オバマをゲストに迎え演奏を披露した。また、ボストン·ミュージック·アワード2018ではテリリン·キャリントンやティア·フラーの名前が並ぶ中、ジャズ·アーティスト·オブ·ザ·イヤーにノミネートされた。

2019年、7 ヴァーチャル·ジャズ·クラブ·コンテストにて世界第3位受賞。
Dizzy’s Club Coca-Colaで開催されたエリス·マルサリス·プレゼンツ·ウイナーズ·コンサートに出演し、満場の聴衆から大喝采を得た。また4月にはワシントンDCの老舗ジャズクラブ、ブルーズアレイと日本大使館が共同して主催する『第6回 ジャパニーズ·ジャズ·シリーズ』に招かれ出演。今後の注目株としてメディアに取り上げられた。
同年、ヤマハ·ミュージック·エンタテイメント·ホールディングスと全世界マネージメント契約し、更にチック·コリアやモンティ·アレキサンダーと同様、ヤマハ·アーティストとしてエンドース契約を結ぶ。

2020年9月2日、小曽根真プロデュースによるオリジナルアルバム『RINA』でデビュー。

2021年 ファーストアルバム『RINA』で第13回CDショップ大賞2021でジャズ賞を受賞した。コロナパンデミックのため帰国、RINA Trioを佐藤潤一(bass)、小田桐和寛(drums)を結成。浜松ジャズウィーク・ヤマハジャズフェスティバルメインステージに出演し、数多くのメディアに取り上げられた。

2022年6月米ロチェスターインターナショナルジャズフェスティバルへ招聘され、ソロ演奏で観客を魅了、スタンディングオベーションで拍手が鳴り止まないステージとなった。それはメディアでも取り上げられ「リナのソロピアノ演奏は強力な感情を伝える特別な能力を持っている、彼女の作曲はジャズ、クラシック、日本人の音を融合させ忘れられない体験をさせてくれる・・・」などと地元の記者が伝えている。エリックミヤシロ率いるブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラのピアニストとして共演を果たす。ソロピアノ、デュオ、トリオ、ビッグバンドなど幅広いスタイルで演奏活動を全国で繰り広げ、Jazz Arts Ensemble of Tokyoのエグゼクティブアドバイザーを務める。

主な受賞歴

2016
バークリー音楽大学よりジャズ·パフォーマンス·アワード受賞
2018
エリス·マルサリス国際ジャズ·ピアノ·コンペティション第2位受賞
2018
エリス·マルサリス国際ジャズ·ピアノ·コンペティションより ”ザ·ニュー·ジャズ·エージェンシー·チコ·アンド·ルーペ·オファリル·アワード 最優秀作曲賞” 受賞
2018
ボストン·ミュージック·アワード2018よりジャズ·アーティスト·オブ·ザ·イヤーにノミネート
2019
セブン·ヴァーチャル·ジャズ·クラブ·コンテスト 世界第3位受賞
2021
ファーストアルバム『RINA』 第13回CDショップ大賞2021でジャズ賞受賞

CONTACT

出演依頼、チケットに関する情報はこちらから
お問い合わせください。
内容によってはご要望に沿えない場合がありますので、
あらかじめご了承ください。

Privacy Policy
Copyright© Yamaha Music Entertainment Holdings, Inc. All rights reserved.